お知らせ

基礎コース

人事の寺子屋主催 「経営を学ぶシリーズ」第2回トークイベントを開催しました。 

9/24(月)トークイベント&美味しいご飯を食べる会を開催しました。

第1部では
「スティルウォーターのビジネスのかたち ~仲間と創る働き方・生き方~」
というテーマのもと
株式会社スティルウォーター 代表取締役 玉置 純子 氏をお招きし、
人事の寺子屋 畑 敬子とのトークセッションを行いました。

これまで携わったプロジェクトや玉置さんご自身の人生についてなどのトークを繰り広げました。

経営、そして女性の働き方に一石を投じている玉置さんらしい
個性的で軸のあるお話をお聞きすることができました。

参加された方々は非常に熱心に、
時には笑いを交えて聴かれていたようです。

経営者としての行動力や思慮深さ、チャレンジ精神は
まさにスティルウォーターという
会社そのものだと言えるのではないでしょうか。

苦労や喜びなど、たくさんのお話を伺い、
働き方の可能性を大いに感じる時間となりました。

参加者からも大好評をいただき、
トークセッションは大盛況のうちに終了。

続いて
第2部の交流会では
代々木公園で「しま食堂」を営むshimaさんの
美味しいお料理を囲みながら
ご参加くださった皆さまが一堂に集い、
今までにない新たな繋がりが生み出されました。

今回の献立は、
・合鴨のグリル トレビスと柿のサラダ
・さんま茗荷ごぼうの春巻き
・れんこんとぶどうのピクルス
・海老しんじょのしいたけ詰め揚げ
・豚ばらとたっぷりきのこ蒸し スパイス醤油
・さつまいもと山椒ご飯のおむすび        でした!

仲間達と、語り合い、学び合い、美味しいお料理を食べる。
これに勝る幸せはないと、しみじみ味わいながら夜は更けていきました。

トークセッション&交流会にご参加くださった
皆さま誠にありがとうございました。

学びのプラットフォームである人事の寺子屋では、
セミナーやトークセッションを随時開催しております。

そして10/8(火)からは
人事の寺子屋基礎コース第4期が開講いたします。
ご興味のある方は是非お問い合わせください。

基礎コース

人事の寺子屋 経営コース第1期が開講されました。

【人事の寺子屋〜人事を知って、会社が変わる、生き方が変わる〜】

基礎コースに続き、ついに9/20(金)待望の経営コースが開講。
Day.1が開催されました。

全4回で構成される経営コース。

経営コースの主な受講対象者は
1.経営に携わっている方
2.経営者を目指している方
3.経営を学びたい方

そして本日Day.1のテーマは
経営における人事
・人事とは何か
・人事の機能と全体像
・「ヒト」に関するリスクとチャンス
・経営戦略と採用戦略 です。

なぜ「経営者のため」の人事の寺子屋なのでしょうか?

“人事とは経営そのものなのです。”

多くの経営者の方、人事担当者の方にご参加いただき、
ディスカッションも交えながら、
皆さま大変熱心にセミナーを受講されていらっしゃいました。

経営に関わる人事のスタンスとは?
会社の理想の状態とは?
偉大な経営者が実践してきた採用は? など

セミナーにより受講者の更なる資質向上に役立つ
学びが盛り沢山の‪2時‬‬‬間となりました。

和やかにたくさんの気づきを得られたセミナーの後は、
皆さん懇親会で交流に花を咲かせました。

改めて自己紹介をされる方、楽しくトークをする方、
セミナーを通じて繋がりが広がるところも魅力の一つですね。

次回経営コースの開催は‪10/18(金)‬‬‬です。

また人事の寺子屋 基礎コース第4期は‪10/8(火)‬‬‬からの開講となります。
ご興味がある方は是非お問い合わせください。

基礎コース

9/10(火)人事の寺子屋主催 1Dayセミナーを開催しました。

テーマは
『伸びなかった人材の能力が伸びる育成法』 
~アドラー心理学とコーチングでわかる、人が伸びる原理原則~  
でした。 
 

・期待通りに社員が伸びない
・自発性、自律性が高まらない
・チャレンジ出来ない

こんな悩みはありませんか?

では人材が伸びるために必要なこととは何でしょうか。

今回こういった課題に対し、
アドラー心理学の理論とコーチングの実践的技術、
2つのアプローチ方法について講義が行われました。

セミナーを通して、
私たちの多くが人材育成の問題に直面しているにも関わらず、
育成方法に対し、間違った認識を持っていたことに気付きました。

皆さま楽しみながらも真剣に
集中してセミナーを受講されており、
会場内は外の暑さにも負けないくらいの熱気に。

ビジネスにおいて”人を育てる”という
新たなステージに立つとき、
実践的に活用できる多くの学びを
得られた‪1時間半となったのではないでしょうか。

セミナー後の懇親会でも
美味しいお料理やお酒に舌鼓を打ち、
様々なお話をしながら、
皆さま親睦を深めていらっしゃいました。  

人事の寺子屋では基礎コース、経営コース、トークイベントといった
様々なセミナーを随時開催しております。
ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【人事の寺子屋とは】
人事の専門職を養成する講座ではなく、
経営の4大資源のうち「ヒト」の分野に特化した学びの場であり、
志を同じくする仲間づくりの場です。

 

経営コース

人事の寺子屋経営コース第1期を開講します

経営コース開講の目的

「ヒト」に対する課題のない会社はなく、人的課題の解決、早急な対応が求められています。
また、企業におけるリスクは、「ヒト」に起因したものが大部分を占めていることは間違いありません。今の時代だからこそ、会社の存在意義や会社と個人の関係性を改めて考え直し、人と組織が輝く会社づくり、より良い社会の実現を目指したいと考え、経営コースを新設いたしました。

【講義内容】

Day .1 経営における人事

 ・人事とは何か
 ・人事の機能と全体像
 ・「ヒト」に関するリスクとチャンス
 ・経営戦略と採用戦略

Day .2 「ヒト」の課題解決 其の一

■ 特別講師による講義 弁護士 渡邊 徹

 ・労務管理・労働問題の現状
 ・働き改革の本質
 ・労働紛争の現状と対応

Day .3 「ヒト」の課題解決 其の弐

■ 特別講師による講義 産業医 上村 紀夫

 「離職最適化戦略」

・消極的定着(ぶら下がり)蓄積からの脱却
・メンタルヘルス対策と離職対策 

Day .4 グループワーク+修了式・懇親会

・グループワーク
・グループ発表会
・振り返り
・修了式、懇親会

【経営コース 対象者】

1.経営に携わっている方
2.経営者を目指している方
3.経営を学びたい方

【特別講師】

弁護士法人 淀屋橋・山上合同   
弁護士 渡邊 徹 

京都大学法学部卒業
弁護士登録(修習第51期)当事務所入所

所属
・大阪弁護士会子どもの権利委員会委員長(平成30年度)
・日本弁護士連合会子どもの権利委員会
・大阪弁護士会労働問題特別委員会副委員長(平成30年度)
・日本弁護士連合会労働法制委員会事務局
・経営法曹会議
・日本労働法学会
・大阪府スクールロイヤー

株式会社エリクシア代表取締役
産業医 上村 紀夫

名古屋市立大学医学部 卒業

循環器を専門とし、国内外の病院勤務後にロンドン大学ロンドンビジネススクールへMBA留学帰国後、戦略コンサルティングファームを経て、株式会社エリクシアを設立。法人企業を対象に、医療・心理・経営を組み合わせた組織の活性化に取り組んでいる。

資格
•医師
•日本医師会認定産業医
•経営学修士(MBA)

〜特別講師のご紹介〜

今回ご登壇いただくお二人の先生は、私が事業会社でお世話になったご縁ですが、企業側、従業員側の立場を理解し、最善の答えやアプローチを導き出して下さって、多くのご支援を頂くとともに、たくさんのことを学ばせて頂きました。先生たちの実践的で熱い想いのあるお話は、経営における人的課題解決の大きなヒントになることは間違いありません。また、いわゆる先生の硬いイメージとは異なり、明朗かつ快活なお人柄で、楽しくお話を伺えることでしょう(畑)

【ファシリテーター・講師紹介】

□ 主宰・講師
株式会社コヨーテ 代表取締役 菊池 龍之 

新たな採用のあり方を探求するため、2011年、株式会社コヨーテを設立。
独自のメソッドであるペルソナリクルーティング®を開発。主に中小企業を中心にユニークな採用支援活動を展開。地方企業の採用に注力するなど採用を通じて、社会を良くする取り組みを行う。講演やワークショップなども積極的に開催。

□ 主宰・講師
HOP株式会社 代表取締役 CEO 畑 敬子

人事歴20年、国家公務員を経て、スマイルズ、寺田倉庫などユニークな成長企業で人事責任者、役員、社外の理事等を歴任。
2018年、HOP株式会社を設立。インプリメンターとして企業に関わり、愛と戦略の人事を伝え、人と組織の最適化を図る。オリジナルの研修、人事制度には定評がある。

□ 事務局長・講師
HOP株式会社 代表取締役 COO 岩崎 春夫

三井物産にて貿易・投資業務、投融資案件の審査、国内外の内部監査業務の統括に当たる。労働組合委員長、香港子会社社長、イタリア三井物産社長、内部監査部室長などを歴任。寺田倉庫で常務取締役COOとして同社の変革を支えた後、2018年、同僚の畑とHOP株式会社を設立。

□ 事務局・講師
アドラー流メンタルコーチ 清野裕之

人材紹介会社で特にベンチャー企業の採用支援を中心に、数々の企業の採用に関わった。2015年フリーランスとなり、経営者、管理職、アーティストなどを対象に、アドラー流メンタルコーチングを実施。また、スタートアップ企業の人事も兼務し、人事制度の整備、人材採用・育成に携わっている。

[日程]
全4日間
①2019年9月20日(金)、②10月18日(金)、③11月20日(水)、④12月20日(月) 
19:00~21:00
※毎回、懇親会を行っています(任意参加)

[会場]
表参道ビジネスフォーラム
東京都港区南青山5-6-24 南青山ステラハウス7階

[定員]
16名

[受講料]
12万円(税別)

[申込締切]
9月10日

[お申込み方法]
peatixにてお申込みください。 人事の寺子屋 経営コース 第1期(全4回)
https://peatix.com/event/1300157
お支払いは銀行振込となりますので、お申込後にご案内差し上げます。

1 Dayセミナー

人事の寺子屋 1 Day セミナー 「伸びなかった人材の能力が伸びる育成法」〜アドラー心理学とコーチングでわかる、人が伸びる原理原則〜 を開催します。

・期待通りに社員が伸びない
・自発性、自律性が高まらない
・モチベーションが高まらない
・チャレンジできない
・成長が遅い
・くじけてしまう

一生懸命指導しても、期待通りに育たない。
育たないどころか、嫌われる、辞めてしまう。

人材育成について間違った常識を持ち、誤った人材育成を続けていることに気づかないままでは、どんなに努力をしても結果は変わりません。

アドラー心理学の理論とコーチングの実践的技術で、人材が伸びる、成長する、前向きになる原理原則と方法を解説します。

ポジティブ心理学の元祖であるアドラー心理学で正しい理論を理解できます。体系立てられた学問と技術だから再現性があります。
さらに、実践的なコーチングのコミュニケーションスキルも学べます。コーチングの心理技術を活かしたアプローチによる、実践的で正しい育成方法を試してみてください。

<こんな方におススメです>

以下のような人材育成を望んでいる経営者、リーダー、人事の方など。

・その人らしく才能が伸びる、発揮させる。
・できないことができるようになる、スキルが上がる。
・モチベーションが上がる。自発的になる。積極的になる。
・自分で学びだす。
・挑戦、チャレンジしだす。前向きになる。
・協力し出す。
・創意工夫が生まれる。
・仕事の成果が出る。
・人材がくじけない。

<セミナー内容>

『伸びなかった人材の能力が伸びる育成法』
~アドラー心理学とコーチングでわかる、人が伸びる原理原則~

・アドラー心理学とコーチングで、人の能力が伸びるとき、伸びないときの心理を理解する。
・成長を促し能力を伸ばす具体的にアプローチ法を知る。

講師:清野 裕之

アドラー流メンタルコーチ
アドラー心理学の理論をベースにしたプロコーチ養成スクールを修了後、NLPや心理技術を学び続け、経営者・起業人・ビジネスマン・アーティスト、ビストロのオーナーシェフ、会社員など、ジャンルを問わずコーチングを行い、能力開発や悩みの解決を行っている。ストアカで40回以上開催している講座「本当に自分らしい働き方を知る方法」は、満足率4.6点以上の人気講座。
HOP株式会社のパートナー。「人事の寺子屋」事務局も務める。

定員:40名(先着順)
料金:4,000円(懇親会参加者は別途3,500円を頂戴します)

<お申し込みはコチラ>
Peatixよりお申込みをお願いします。https://peatix.com/event/1303842

(お支払いは当日現金にてお願いします)

セミナー後に懇親会を開催しますので、ぜひご参加ください。

~感想~(過去の類似講座の受講生)
   

素晴らしい内容でした!アドラー心理学のエッセンスを、明日から職場で使えるコミュニケーション上のヒントに落とし込んで教えていただきました。そして、なにより自分を勇気づけることの大切さを教わり、心が楽になりました。攻撃的になること、相手を決めつけることをやめ、相手に判断をゆだねる関係性を意識して毎日を過ごしていきます。
(40代女性 ベンチャー企業経営者)

● アドラー心理学の、特に「勇気づけ」を軸にした講義は本当にためになりました。
講師の、実体験をもとにわかりやすく解説されていたので、内容はとても実践的でマネジメントに即役立つものだと思いました。
また、最後に、「自分ができること」として、課題設定までできたことはとても良かったです。
有意義な2時間でした!
(50代男性 研修講師)

基礎コース

人事の寺子屋セミナー 第3期 Day.4を開催しました。

【未来の人と組織はどうあるべきか?
-経営の4大資源の一つである「ヒト」を生かすこれからの人事-】

経営・人事の仕事の本質を学ぶ。
人事の寺子屋は未来を創造する学びのプラットフォームです。

7月16日は、5月から全4回で行われた人事の寺子屋基礎コース第3期の最終日。
その集大成として4人一組のグループで未来の人事施策に関する発表を行いました。

発表では
AI発達による職種の変化への対応
超高齢化社会の到来による採用の見直しなど
時代の趨勢を見据えた様々な切り口のアウトプットが飛び出しました。

その後の修了式では、一人ひとりへのメッセージとともに修了証書が授与され、受講生が自らの言葉で人事の寺子屋での気付きや今の想いを伝えました。

懇親会では、受講生同士の活発な交流が図られ、名残惜しくも有意義な時間を過ごし、第3期を終了しました。

<受講生の感想>として以下のお声をいただいております。

◆大変有意義な時間を過ごさせていただいたとの思いが正直な感想です。 年齢、職業、環境の違う方たちとの様々な考え方の中で、自身の考えに足し算、引き算を繰り返し、 背中を押してもらうような感覚があったり、立ち止まらせて考える瞬間があったりと、短い期間ではありましたが、 色々な意味で多くの学びがありました。(30代男性 人事)

◆人事に配属したばかりでわからないこと、不安なことだらけでしたが、受講していなかったらと想像すると恐ろしいです。業務への即活用は当然ですが、何よりも心の支えになりました。
(50代男性 人事)

◆自身のこれまでのキャリアを振り返り、未来を考える上で、とても刺激をいただけました。色々な世代の方とのディスカッションも楽しかったです。
(30代女性 キャリアコンサルタント)

◆事前の面談があり、人事の寺子屋がどんな場所なのかというスタンスをピント合わせできて臨めてとてもよかったです。赤ペンレポートや、グループワークなど、講義の内容以外に編み込まれていることで気づいたことや深く心に刻まれた体験もたくさんありました。毎回懇親会があったこともとてもよかったです!
(30代女性 人事)

◆貴重な経験と学びをありがとうございました!これからの時代は、何を学ぶか?よりも誰に学ぶか?が重視されてくると思うので、人事の寺子屋は、これからも選ばれ続けると思います!また、赤ペンレポートは愛を感じました!たくさんの気づきをありがとうございました!(40代女性 人事)

◆今興味があって学んでいることを再確認・再認識するとても良い機会になりました。心のこもった講義が胸にしみました。
(40代男性 マーケティング)

次回は、10月開校の予定です。ご興味のある方は、是非ご参加下さい。

基礎コース

人事の寺子屋セミナー 第3期 Day.3 を開催しました。

「社員数8名、20代から60代の幅広い年齢層、
地方、応募0の企業が、どうやって優秀な学生の採用に成功できたのか?」

”人事を知って、会社が変わる・生き方が変わる“
「人事の寺子屋 基礎コース 第3期」

Day.3の講義は、

◆ 採用戦略の描き方
◆ 面接の技法
というテーマでした。

欲しい人材と出会うための戦略は、どのようにすれば作れるのか?
ミスマッチ採用を減らすための面接は?

ケーススタディのひとつとして、
【社員数8名、平均年齢55歳、地方、応募0】の企業が、専門性の高い優秀な学生の採用に成功した戦略を学びました。
偶然ではなく必然的な成功であることが理解できました。

他にも、
◇採用戦略を描く具体的なステップ
◇ペルソナを描く効果
◇採用者・面接者の持つべき心構え
◇採用活動のポイント

といったことを、本質的に原理原則を学ぶ濃厚な講義でした。

「人事の寺子屋 基礎コース」も、残り1日となりました。

最終日には、3日間の学びの集大成のアウトプットをする課題が課されました。

テーマは、「社会や会社を良くするため、これからの人事はどうあるべきか」
受講生同士、活発なディスカッションが交わされました。

自由な発想のもと、四人一組のグループで、一ヶ月間課題に取り組みます。
最終日の発表の形式はプレゼンテーション。
どんな未来視点のアウトプットが飛び出すか、楽しみです。

グループディスカッションも含めた、あっという間の濃い2時間。
懇親会も遅くまで議論が盛り上がりました。

【人事の寺子屋とは】 人事の専門職を養成する講座ではなく、経営の4大資源のうち「ヒト」の分野に特化した学びの場であり、志を同じくする仲間づくりの場です。

 

基礎コース

人事の寺子屋セミナー 第3期 Day.2 を開催しました。

6月4日、人事の寺子屋 Day.2を開催しました。

テーマは、

・経営が期待する人事の仕事
・人員掌握の仕方
・社員面談の極意

でした。

人事の寺子屋が大切にしていることは、自分の答えを出すことです。受講生は、「自ら考え、問い、自分の答えを出す」ことが求められます。

Day.2では、

「会社とは何か?」

「人事制度の“価値”とは何か?」

「経営者から見る、人事の役割とは何か?」

など、大きな問いを投げかけて、受講生の皆さんに考えてもらいました。

そして、人事の大事な仕事として、会社に入ってまずやるべきことは?、人員掌握、社員面談で大切なこととは?、という話は、人事担当者や経営者として活躍する受講生たちも、真剣な顔つきで聴講していました。

最後はグループディスカッション。

Day.1の講義での気づきや学び、講師からのレポートに対するフィードバックについて、4人一組のグループに分かれ、感想を共有しました。

人事の仕事は、ものごとを多角的に見る視野の広さが必要ですが、自分の視野が意外に限られていることに人はなかなか気づかないものです。

普段は忙しくてなかなか考えないものごとの本質を、講義や仲間との意見交換を通じて、深く、多角的に考える。そして新しい視界が開ける楽しさ。

そんな体験を味わう時間になりました。

経営コース

「経営を学ぶ」シリーズ第1回トークセッション&交流会を開催しました。

「私がチーズガーデンの経営で大切にしてきたこと~35年の軌跡~」 株式会社庫や 創業者 会長 手塚 清 氏 × 人事の寺子屋 主催 畑 敬子

【ここでしか話せない経営の話】

那須高原でチーズガーデンを運営する株式会社庫やの創業者手塚清氏をお招きし、人事の寺子屋「経営を学ぶ」シリーズ第1回トークセッションを開催しました。

35年間の経営人生の失敗、苦闘、成功のリアルなストーリー。そして、手塩にかけて育てた大切な会社を敢えて手放し、新たな一歩を踏み出した手塚氏独自の人生観と美意識。経営の教科書からは決して学べない、実践に裏打ちされた貴重な学びと視点をたくさん得られた会でした。

 

 

◇◇◇◇◇

人事を知って、会社が変わる・生き方が変わる

人事の寺子屋 基礎編 第3期 開講
申込み受付中
講義内容、受講生の声、上司の声
http://ptix.at/YCuuJs